© iSP All rights reserved.

ichigo rinahamu06

201511/2

BPM15Q 苺りなはむ インタビュー(2015.9.30発行「iDolspot CHEERZ SPECIAL」掲載記事)

 

ここ最近のアイドルの世界は、パフォーマーにとどまらず、メンバーが作詞をするといったクリエイターの一面を見せることが多くなった。苺りなはむは歌詞はもちろんのこと、自身が提唱しているカルチャーのプロデュースをしている。アイドルすらもセルフプロデュースの彼女の見据える先とは。

 

思い付き

ーー髪の毛の色、どんどんピンクになってきましたね。

苺 写メだと薄く見えるんですけど、実物は濃いって言われます。迫力がすごいんですよ(笑)

ーー半月ぐらいで変わってますよね。

苺 すぐ変えます。自分の気持ちで変えるので、例えば今回だったら、夏になったので半分苺色にしてます。

ーー苺色の理由になっていませんが。どちらかというと思い付きで行動するタイプですか?

苺 ほとんど、思い付きですね。思い付きがすごく多いんですけど、形にできるのは少なかったりします。

ーー8月には主催フェス「YUME CAWAII FESTIVAL vol。1」を開催しましたよね。

苺 ずっと「ゆめかわいい」という、カワイイカルチャーのネクストキーワードを提唱しているんです。ゆめかわいいジャンルを世界に広げたいという夢があって、それをコンセプトにしたフェスなんです。来場者の半分以上が女の子を理想にしてやっていたんですけど、実際、半分ぐらい女の子が来てくれて、理想の図ができて嬉しかったです!自分でイベント企画書をパソコンでカチカチしながら作りました。

ーーゆめかわいいってどういったものなんですか?

苺 メルヘン+病み=ゆめかわいいで、ファンシーでメルヘン、でも、その中にちょっと病みの要素があるテーマで、服装もパステルメルヘンでちょっと現実から離れてるような夢的なイメージです。以前、アキシブprojectというグループで活動していたときから、密かにやって提唱していたんです。

ーー本当に思いついたら実行する感じなんですね。

苺 面白いことを思い付いたら、すぐパソコンやノートにバァーって書く癖があるんです。色々思いついちゃうので、書きたくなるんですよ。それを現実に移すのは、色んな人や時間、お金をかけちゃうので、難しかったんですけど、最近そこができるようになってきまして。やれることを大きくしていくのが目標です。

ーープロデュースという面では、楽曲もほとんど自分たちですよね。

苺 BMP15Qは事務所に所属していないので、自分たちで「こういう曲にしよう!」と考えていたり、作詞も自分たちで作っていく形にしていますね。ほぼ、宅録でやっていますね。(笑)

ーーそれはやりやすい方なんですか?

苺 アイドルって、元々決まったものをやっていく感じがするんですけど、自分たちは自分が作った新しいジャンルであって、アイドルの枠に定まらずに、新しいポップ・アイコンになれるように活動しているので、このやり方もこれには合っていると思います。

 

ポップ・アイコン“苺りなはむ”

ーーどちらも意識を切り替えてやっているんですか?

苺 15Qではパフォーマンスに力をいれていて、あんまりりなはむだとダンス!ってイメージはないと思うんですけどがっつり踊っています!ソロでは、とりあえず面白いことをしたいので「全力でふざけよう!」っていう目的でやってます(笑)だから、どちらを見ても違いが分かると思います。

ーー全力でふざけるアイドル…

苺 ソロはアイドルというか、苺の国のお姫様です。神奈川県横浜市に苺の国があります。うふふ(笑)

ーーあ、なんというか庶民的なんですね。

苺 そうなんですよ、わりかし普通のところにあるんです。4LDKくらいの場所です。うふふ(笑)

ーー世界観が難しいです。8月に発売された『ポイ捨て、ダメ、ダメ!』は話題でしたが。

苺 作詞を一緒に行ったり、曲の構想も一緒に相談しながら作ったので理想の曲になりました。

ーーちなみに、あの題材の提案はどなたですか?

苺 りなはむです(笑)しかも、話題になったときからやりたくて、すぐに思いついたというか…面白いことしたいタイプなんで。うふふ(笑)

ーーある意味、期待を裏切らないですね。面白いことを思いついたら思いっきりやりたいんですね。

苺 思いっきりやって、来てる人が超ハッピーになってくれたらいいなって思っています。オリコン何位とかって順位を争うより、苺りなはむが楽しいを広げたいです。将来、遊園地を作りたいと思ってて。

ーーゆ、遊園地を作りたい?

苺 楽しいことが好きな人が集まって、ファンを増やして、みんなで遊園地を作りたいです!

ーー遊園地以外の将来の展望はどんな感じですか?

苺 ゆめかわいいを「あ、あれゆめかわいいよね!」という感じで周知してくれるのが目標です。最近原宿で、パステルカラーのフェアリーな洋服を見てるJK(女子高生)が「ゆめかわいいよね。」って言ってるのを耳にしたので「あっ!使ってる!」と思って、嬉しくなりました。

ーー自分自身もポップ・アイコンを目指したい?

苺 自分がやっているファッションやメイクを真似している子がいてくれるのがハッピーで、もっと大きくなったらいいなって思います。例えば、街中で「これ、○○っぽいね。」とか言うじゃないですか。それが自分でありたいのが夢です。そのために、ドンドン面白いことを発信していきたいです!

 

(text by KUMA / photo by 安藤史紘)

※アイドル応援アプリ「CHEERZ」内のイベント上位者による記事となります。

 

Profile

いちご りなはむ 04.11生まれ。苺の国出身。愛称りなはむ。

 

Link 

苺りなはむ オフィシャルサイト

苺りなはむ オフィシャルTwitter

 

Photo gallery 

 

CHEERZ Information

cheerz

アイドルが投稿した写真に対して応援することでランキング形式化されるアプリ。参加アイドルは400人以上、今後も続々と増える予定。

「CHEERZ」オフィシャルサイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20173/7

「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」に再発刊のお知らせ

3月7日発刊の「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」ですが、一部落丁があったため、 一時的に配布及び設置を止めさ…

iSP CHEERZ2017

20173/1

iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017) リリース![3/17 更新お知らせあり]

[重要なお知らせ] 3月7日発刊の「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」ですが、一部落丁があったため、 一…

takayama_logo

20168/9

乃木坂46 高山一実 『初森ベマーズ』インタビュー

乃木坂46総出演を果たしたスポ根ドラマ「初森ベマーズ」がCSホームドラマチャンネルにて8月30日(火)よりCS初放送される。乃木坂イチのバラ…

heiseikotohime reny 2015 11

20164/15

平成琴姫ワンマンライブ『風神雷神』レポート「戻ってきた場所、新たな場所」

このステージに、「戻ってきた」という言葉があっているかもしれない。もしくは、ここが新たな章の始まりなのかもしれない。 世界に4つしかな…

_MG_5545a

20163/12

私立恵比寿中学 『ロボサン』インタビュー

様々な分野で活躍するアイドルグループ、私立恵比寿中学のドラマ初主演作品『甲殻不動戦記 ロボサン』がCSホームドラマチャンネルにて4月よりCS…

ページ上部へ戻る