© iSP All rights reserved.

iDolspot13小田桐奈々見開き

20149/1

放課後プリンセス 小田桐奈々「こだわりのTHEアイドル」(vol.13掲載記事)

世の中に美少女は数多くいるが、24歳の美少女はそうそういないに違いない。
デビュー3周年を迎える日本一有名な生徒会長が、儚げな外見とは裏腹なアイドルへの強いこだわりを語る。

「私は常に、アイドルとして」


小田桐 ちょっと露出多めの衣装の時にダイエットしたいって言うと、男性のファンは痩せ過ぎだって言うんです。女の子は私もダイエット頑張るよって言う人が多いけど……周りのアイドルさんに負けたくないんです。もっと上にいきたいので、もっと自分で変えられることをしないと。常に。

——演技やモデルの仕事はやりたい?
小田桐 憧れはあります。でもその方向でやることはないですね。放課後プリンセスを知ってもらうキッカケになるし、チャンスは逃したくはないですけど。

——アイドルとしての活動ありきだと。
小田桐 アイドルとしての自分しか今は見えていないんですよね。キラキラした憧れの対象になれたらいいな。これがアイドルだ、って人になりたいと思っています。

——憧れの存在であるために、目標は?
小田桐 武道館でライブがしたいです。ワンマンライブで一番大きかった会場は、私の生誕祭を開いてもらった2月の渋谷O-EASTなんです。今の私たちにとっては大きいライブでした。でももっとたくさんの人の前に立ちたいし、全国でライブをやりたいです。それにブログをいろんな方に見てもらいたい。今までずっと大切にしてきたんです。遠方にいて来られないファンも、ブログを通して応援してくれているのを知っているので!

——ブログも大切なコミュニケーションだと。
小田桐 デビュー当時から欠かさずにコメントをくださっている方もいるんですよ。直接会えない距離にいる方に何かを表現したり伝えたりできる、唯一の場所なんです。だから単にブログだよ、って一言では片付けられないですね。海外からもくるんですよ!お手紙も。日本語を勉強して漢字も使って書いてくれていて、凄く嬉しいです。

——地方とか海外とか行きたい?
小田桐 いろんなところに行ってみたいです!でもデビュー前は考えたこともなかったですね。私、アイドルを目指してたわけではなくて。自分に自信がなくて、人前に立つのも苦手だったし、アイドルの自分を想像したこともなかったです。

——まるっきり別人ですよね。何がそうさせたんですか?
小田桐 今まで生きてきて、こんなにも何かにのめりこめることはなかったです。生まれて初めて、今アイドルってゆうことに夢中になれている、って言っても過言じゃないくらい。たくさんの人の前で歌って踊るなんて経験したことがなかったけど、今ステージに立っていることが楽しいんですよ。目の前にいる誰かを笑顔に出来るって凄く不思議で、他に中々ないじゃないですか。誰にでも出来ることではないので、もっと多くの人を笑顔にさせられたらいいなって思います。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20173/7

「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」に再発刊のお知らせ

3月7日発刊の「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」ですが、一部落丁があったため、 一時的に配布及び設置を止めさ…

iSP CHEERZ2017

20173/1

iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017) リリース![3/17 更新お知らせあり]

[重要なお知らせ] 3月7日発刊の「iSP × CHEERZ SPECIAL (Mar.2017)」ですが、一部落丁があったため、 一…

takayama_logo

20168/9

乃木坂46 高山一実 『初森ベマーズ』インタビュー

乃木坂46総出演を果たしたスポ根ドラマ「初森ベマーズ」がCSホームドラマチャンネルにて8月30日(火)よりCS初放送される。乃木坂イチのバラ…

heiseikotohime reny 2015 11

20164/15

平成琴姫ワンマンライブ『風神雷神』レポート「戻ってきた場所、新たな場所」

このステージに、「戻ってきた」という言葉があっているかもしれない。もしくは、ここが新たな章の始まりなのかもしれない。 世界に4つしかな…

_MG_5545a

20163/12

私立恵比寿中学 『ロボサン』インタビュー

様々な分野で活躍するアイドルグループ、私立恵比寿中学のドラマ初主演作品『甲殻不動戦記 ロボサン』がCSホームドラマチャンネルにて4月よりCS…

ページ上部へ戻る