LiveReport

放課後プリンセス 小田桐奈々生誕祭@新宿ReNY ライブレポート「夢に繋がる通過点に過ぎません」


一部メンバーが袖にはけ、ステージに残ったのは綾瀬・木月・道重・城崎の4人。ここからはユニット曲の始まりである。
木月「白いTシャツが凄い綺麗ですね!次の曲は皆さんで一緒に出来る振りがあるので是非お願いします!」
始まったのは「スキま」。サビの終わりにある木月が煽っていた片手で拳銃を撃ち抜くような振りをファン皆が摸していた。次にステージに現れたのは舞花。黒のエレガンスな衣装に登場と共に声があがった。「大好き」の1番を歌い上げるとその歌唱力に拍手が起きた。大好きなメンバー、皆を思う気持ちを歌に込めたと本人も語っていた。続けて現れたのは小田桐・宮下の2人。ピンクのチェックが可愛らしい衣装で披露するのは「一期一友」。アッパーな曲調に小田桐がタオルを回す。体調不良が続いた宮下との久しぶりのユニットという事もあり、小田桐の嬉しそうな表情が光る。赤と青のストライプのスカートで登場したのは山口・綾瀬の2人。ロックな曲調「サンキーベリーマッチ」に沢山の拳が掲げげられる。ピンクのチェックで再び登場の宮下。これぞアイドル王道ソングとも言える「あうあう→きゅるるん」にファンのかけ声もバッチリだ。「PURE HEART」と続き、ユニット曲最後を締めくくるのは小田桐・山口・綾瀬・木月・舞花での「いと4くて BALLOON」。黒のセクシーな衣装に照明のレーザーが飛び交う会場。ユニット曲とは思えない程のクライマックスの盛り上がりの中、ユニット曲は全て終了した。
舞花「一期一友を2人で歌ってると感動する!」
しばらく休んでいた宮下が復活し、フルメンバーでこの日を迎えられる事をメンバー全員が喜んでいるのだ。

ここからはライブも終盤戦。メンバーが持つうちわが特徴的な「アツはナツい」からのスタート。私は2階からライブを観ていたのだが、実際「アツはナツい」の揺れはこの日1番だった。続くのは「真夏の夜の夢」。放プリ史上最高のスマッシュヒットとなったこの曲は、妖艶でありエキゾチックな曲調にメンバーのダンスもセクシーに映える。「Smile×3〜笑顔ずっと咲いたままで〜」は放プリでも1、2を争う程のBPMの速さを持つアップテンポの曲。メンバーが天に掲げる指先とファンの掲げる指先が綺麗にシンクロする。続けて「バカだね」、「古事記しか!」。「アツはナツい」から始まった後半戦もここまでノンストップ。「バカだね」の頃には、ほとばしる汗が輝くメンバー。「古事記しか!」ではみらんが「奈々にゃんの為にも盛り上がっていきましょう!」と一層の盛り上がりを見せる。小田桐がステージ前に駆け寄り、ファンとタッチをする姿、ステージ上をぐるぐる回るメンバーと一緒にファンもサークルを作って回る恒例の姿も見られた。
小田桐「これが最後の曲です!タオルか拳の準備はいいですか!?」
本編最後を締めくくるのは「イチゴいちえ」。メンバーの声に応えるように、ファンも大歓声でそれに応える。ここでライブ終了を告げるチャイムが鳴る。
「以上!私達、放課後プリンセスでした!」

Pages: 1 2 3