News

新聞紙vsインターネットニュース!双方のメリット・デメリットは?


新聞紙vsインターネットニュース!双方のメリット・デメリットは?新聞とインターネット、それぞれのニュースの良い面のメリット、あまり良くない面のデメリットを紹介し、比較していきます。

まずは新聞について比べていきます。新聞は、インターネットが普及するより前から人々の情報を支えてきたものです。ほぼ毎朝毎夕自宅まで届けられます。朝、新聞受けから取ってきてお父さんに渡すと、新聞を読みながらコーヒーを飲むという定番の組み合わせがよく聞かれます。その映像が目に浮かぶくらい世の中に浸透しています。

新聞についての良い面は、毎日決まった時間に自宅まで届けてくれることと、紙で印刷されているため端末や通信環境、電源を気にする必要がないことです。さらに流し読みが可能で、興味のない分野も目に入る機会が生まれ、より一層興味の生むに関係なく情報の入手に長けています。時間があれば、コラムなども読むことで活字に触れることができ、近年本を読まない人が増える中で貴重な機会になります。新聞の構成には、地域ごとの内容がかかれた部分と、全国的な内容が書かれた部分に分かれているため1部を読むことでどちらも網羅できます。同じ地域で、同じものを読んでいる場合は、話のタネになることもあります。

新聞は発行元が明確で書物として残ることから世に印刷されて出回る前に校閲が入り情報が正確です。逆に、あまり良くない面としては、毎日届くことで場所を取りかさばることと、前日のニュースが翌日にならないと入ってこないといったタイムラグがあります。何かすぐ知りたいことがある場合に関しては、今の現代では情報伝達が遅く向きません。

ひとえに新聞といっても経済系の内容のものと、スポーツ新聞などと呼ばれる野球やサッカーなどの競技に特化した新聞もあります。自分の好きなチームやグループがある際はそのチームの出している新聞を購読することでオリジナルな世に出回っていない情報を得ることも出来ます。好みによって二種類取っている場合もあります。一度定期的な購読を始めると自発的に動かなくとも情報が手に入るため非常に楽に情報の入手が可能です。

ニュースを入手する以外にも新聞はさまざまなところで使われています。
読み終わった新聞は、玄関周辺のごみ掃除に活用したり、習字を行った際の半紙の保管場所になります。下駄箱の下に新聞を敷くことで、下駄箱の棚の中を新たなお金をかけずに綺麗に維持することもできます。

こういった二次活用が出来ることも良い面だといえます。

新聞はすでに紙になっているため、読んでいて気に入った記事があれば切り抜いて取っておくことも気軽にできます。

そうした良さもありますが、ニュースは1日で情報の新しさが下がってしまうことから、すぐに古い情報になってしまうため、毎日読まない人や家庭内でもあまり読む人がいない場合はお金を払って購読することをためらうこともあるでしょう。どれくらいの頻度で活用するかをよく考えた上で新聞の購読は考えた方が良いです。

次に近年増えて来たインターネット上でのネットニュースについての良い面とあまり良くない面の紹介に移ります。

良い面はとにかく情報の開示が早くタイムラグが発生しにくいです。そのため、情報伝達機能に優れています。さらに、通信環境が整っていれば場所をとらずにいつでも、どこでも情報を受け取ることが出来ます。何処からでもアクセス可能なため、全国ニュースから地域に特化したニュースまでどの地域の物でも簡単に入手可能です。

その反面、あまり良くない面は、情報掲載が早いがゆえに誤字脱字が発生しがちなことがあります。さらに、ニュースとうたっていながらも、情報が薄く内容のない記事も多く見受けられます。デバイスを必要とするため、端末を用意する必要があります。そして、デバイスの電池がなくなった際や通信環境が整っていない所だと全く情報を受け取れません。インターネット環境を使用していることで気になるニュースがあった時に多くの人々がサーバーに一気にアクセスして通信が集中してしまいサーバーダウンを起こす可能性もあります。

自分の好きな情報を入手することが出来るよさもありますが、自分の気になる内容しか検索をしないことで、偏った情報ばかりを入手する可能性もあります。自分が知っていても、同じものを見た人がすくなければ話題にしても共通認識が持てない場合もあり得ます。

場所をとらず、いつでも見られる反面、小さい画面に対してスクロールして見続けることで目の疲れを助長させてしまう可能性も懸念されます。画面が小さいため、老眼などでアップしてもどこを読んでいるのかわからなくなることもしばしばあります。

新聞紙とインターネットによるニュースについてそれぞれを比べてみましたが、どちらも良い面、あまり良くない面があります。

その時々で、どの媒体が良いかを選択しながら情報を得ることで、自分にあった使い方をして情報社会をよりよく過ごしていきましょう。