Blogging

10代男子が夢中になっているものは?


10代男子が夢中になっているもののひとつとして、将棋があります。最近高校生になった有名な高校生プロ棋士が世間で有名になっており、彼のようになりたいと考えている10代男子が非常に多いのです。そのため、将棋をやることができる対局場やサロンでは、高校生や中学生の男子が増えてきているようです。もちろんこの年齢から将棋を始めたとしてもプロの世界に入れることは非常に難しいですが、彼らは将棋を通して、人間として必要とされている礼儀や、相手への敬愛の心を学ぼうとしているのです。最近の若者、とくに10代男子は、一般的なマスメディアでは不真面目だったり、軟弱な性格になっていることが非難されていますが、彼らのように一つの物事を通して自分の心のあり方を変えようと考えている人達もいるのです。だから、必ずしも10代男子だからといって、メディアが報道している姿が、現実の10代男子のものと一致しているとは限らないことに気をつけましょう。

将棋だけでなく、興味の対象として、囲碁も話題に上がってきました。先日は国民栄誉賞を受賞したプロの棋士がテレビで取材を受けており、彼らを見習って自分の考え方を変えようとしている人たちは少なからず存在しています。実際に、碁会所には学校の授業を終えて通っている学生が増えてきているようです。10代男子が夢中になっているものは、仮想通貨があります。仮想通貨というと危険なイメージや合法的でないイメージがありますが、最近は金融庁の許可を得ることにより、国から認められて取引所を運営している業者も存在しています。そのため仮想通貨そのものが法律に違反しているという考え方は間違いなのです。

さらに仮想通貨に関連するプログラミングやソフトウェアの開発、ブロックチェーン関連のセキュリティなどの分野に興味がある10代の男子が非常に増えてきています。最近は10代男子の休憩時間中の話題はほとんどが仮想通貨に関連する話題が中心になっています。厳密には彼らは取引所でアカウントを制作して売買を行っているわけではありませんが、将来の職業の事を気にして、今から仮想通貨関連の技術を勉強している10代男子も存在しているのです。それだけではなく、実際に業界で活動しているホワイトハッカーと話をするなど、興味を抱いているだけとは言えない状況になっています。行動が伴っているので、単純に話題性があるという問題ではありません。さらに、最近では仮想通貨関係やブロックチェーン開発のプログラミングを学ぶことができる塾が設立されており、そちらに足を運ぶ10代男子が増えています。

入塾に必要なものは特になく月謝さえ払えば誰でも入塾できて、基礎から徹底的にプロのエンジニアの方が指導してくれるので、興味本位で入会しても決して後悔しません。大人になる頃には、業界を牽引するレベルのエンジニアに成長することが期待できることから、将来の職業について真剣に考える10代男子が続々と入塾しているのです。他に男子に興味があるものといえば、無料動画共有サイトがあります。ただし、最近は昔ほど人気ではなくなってきており、人気動画投稿者のような人間になろうと考えている人が少なくなってきているのです。その背景として考えられるのが、専業の人気動画投稿者の存在です。彼らは常に動画を公開を続けなければ、生活を送ることがこんなになります。それだけでなく、中にはほとんど稼げていない動画投稿者が大半なので、生活できるレベルまで収益を上げることは非常に困難になりつつあるのです。その現実が可視化されるようになったため、今では10代男子の中で人気動画投稿者になりたいと考える人が少なくなってきています。純粋に動画を楽しむ視聴者側として参加する方法が無難であると理解できるようになった人が多くなりました。炎上騒動などもありますし、このような職業選択が話題から消えていくことは、ある意味健全であると言えるでしょう。

小学校高学年の10代前半の男子には、トレーディングカードゲームが流行しています。特によく読んでいる漫画雑誌にはトレーディングカードゲームが特集されており、コミックが充実しているだけでなく、付録としてカードがついてくることもよくあるからです。最近ではスマートフォンやテレビゲームなどが中心になってきており、閉鎖的な子どもが増えてきているようですが、このように実体化されたカードを使用することにより、インターネットを利用するのではなく、実際に直接コミュニケーションを取ることで子どもの対話能力を楽しみながら向上することができるのです。ただし、カードの交換によってはトラブルも発生しており、一概にいい面ばかりとは言えないのが実情です。そのため適切なルール作りを学校側が行なったり、子どもが間違った事をやってしまわないように大人たちがしっかり監視する必要があります。